見出し画像

角川ドワンゴ学園は2021年4月S高等学校開校を開校します。【校歌は40mP】

学校法人角川ドワンゴ学園は2021年4月、茨城県つくば市にS高等学校(設置認可申請中)を開校します。

2016年4月にN高等学校が開校し、生徒数1,482名でスタートしました。開校から4年半を経て、現在の生徒数は15,803名(2020年10月1日時点)となり、多くの生徒が学びを育む場となりました。生徒数が拡大し続ける中、沖縄県にある伊計本校でのスクーリング時の教室と宿泊施設の受け入れ人数は2万人が限界で、キャパシティを超えることを見越し、他県に新しい高校を開校するに至りました。

S高の“S”には、

SUPER・SPECIAL・SHINE・SPECTACLEなど、さまざまな“S”を生徒一人ひとりが見つけ、自分だけの“S”を創れるように、という想いが込められています。

校長には、エンジニア出身で、角川ドワンゴ学園のプログラミング教育を構築してきた吉村総一郎が就任します。

N高との違いは?

S 高では、必修授業と課外授業をはじめ、学校行事や部活動、サポート体制、学費もN高と共通です。
スクーリングについては、S高生はつくば本校にて、N高生は伊計本校にて、それぞれ1回以上参加するほか、在籍する学校ごとに組まれた日程・会場での参加となります。

校歌はボカロPの40mPが作詞、作曲

S高等学校 校歌『夢で描けば』
作詞、作曲、編曲:40mP 歌:洛天依(ルォ・テンイ)

S高の詳細はこちらをごらんください https://nnn.ed.jp/high_school_feature/s_high_school/

8
学校法人角川ドワンゴ学園 は、ネットを活用したN高等学校・S高等学校(設置認可申請中)・N中等部・N Code Laboを運営しています。noteの記事では、ネットの学校で行っているオンライン授業やプロジェクト学習について紹介します。
コメント (2)
発表会を動画で拝見しました。
大変ワクワクさせられるプレゼンテーションで、早速小学生の娘が将来の入学を決意していました。

筑波大学との提携とありましたが、これはS高のみでしょうか。N高にも該当する内容でしょうか。

今後の展開もとても楽しみです。
午前0時のSERENDIPITYさん
メッセージと動画の視聴ありがとうございます。
筑波大学との提携の部分はN高、S高ともに該当いたします。
筑波大学との詳細は今後、発表いたします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。