学校法人角川ドワンゴ学園

学校法人角川ドワンゴ学園 は、ネットを活用したN高等学校・S高等学校・N中等部・N Code Laboを運営しています。noteの記事では、ネットの学校で行っているオンライン授業やプロジェクト学習について紹介します。

学校法人角川ドワンゴ学園

学校法人角川ドワンゴ学園 は、ネットを活用したN高等学校・S高等学校・N中等部・N Code Laboを運営しています。noteの記事では、ネットの学校で行っているオンライン授業やプロジェクト学習について紹介します。

    マガジン

    • N/S高新聞

      学校法人 角川ドワンゴ学園(N高/S高)の「今」を発信する「 #NS高新聞 」。実行委員の生徒が作成した記事や活動の様子を発信しています。更新情報はTwitter( @nshighnewspaper )でもお伝えしています。

    • N/S高 アクティブラーニングラボ

      角川ドワンゴ学園では様々なアクティブ・ラーニングを実施しています。アクティブラーニングラボでは産学連携プログラムやPBL(プロジェクト学習)、能力開発、ワークショップ、専門家を招いたゲストセッション、スタッフ研修などの内容を発信しています。https://note.com/ns_learninglab/

    • The N/S English Times

      学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校・S高等学校、N中等部の公式英語発信noteです。 英語の企画や勉強法動画、学園の生徒さんインタビューを掲載しています。 https://note.com/ns_english/

    • N中等部の「ネッ中」note

      学校法人角川ドワンゴ学園の『N中等部』が、授業やイベントを通じたさまざまな学習実践、生徒の様子、ネットを活用した授業の裏側について情報発信しています。 ※N中等部は学校教育法第一条に定められた中学校ではありません。ご自身の中学校に在籍したままN中等部で学んでいただきます。https://n-jr.jp/

    • プロジェクトN

      「プロジェクトN」はN/S高の通学コースが取り組んでいるPBLのひとつです。各省庁やさまざまな企業の協力のもと、社会的な課題解決を行う学習です。社会で必要なスキル(思考力・コミュニケーション力・プロジェクトマネジメント・表現力・ITスキル) を身につけ解決策企画とアウトプットを制作します。https://nnn.ed.jp/project-n/

    リンク

    最近の記事

    固定された記事

    N高等学校の学校法人角川ドワンゴ学園、noteでオンラインの学びについての情報発信を始めます

    N高等学校を運営している学校法人角川ドワンゴ学園の公式noteをご覧頂きありがとうございます。N高等学校は2016年の開校以来、ネット、オンラインを多用した学びを行ってきました。noteでは、オンラインを使ってきた経験や蓄積したノウハウなどを公開していきたいと思います。 学校法人角川ドワンゴ学園とは学校法人角川ドワンゴ学園はN高等学校だけでなく、複数の教育の場を持っています。 ・2016年に開校したネットの高校であるN高等学校   ・2019年に開設し2020年4月からネッ

    スキ
    179
    • N高での自分 〜いろいろなこと始めてみた〜

      取材・文=りんと(N高6期・ネットコース) 「とあるN/S高生の今の姿を伝える」というテーマで、ミツキさんという方にインタビューさせていただき、最近始めたいと思っていること、参加したワークショップでいいと思ったものなどについてお話を伺った。 名前:ミツキさん 学校・学年・コース:N高1年ネットコース N中等部からN高等学校に進学。中等部時代に通学コースの経験あり。 ネットコースでどのような毎日を? ーー先ほどネットコースに所属しているとおっしゃっていましたが、なぜネッ

      スキ
      6
    • なんで見た目って気になるの?

      こんにちは! 本日はアルビノ(注1)の当事者である神原由佳さんをお招きし行った、「見た目」に関するトークセッションについてご紹介します! 神原さんは、ソーシャルワーカーとして勤務する傍ら、アルビノや外見に症状があることで日常生活に支障をきたす「見た目問題」について、取材、執筆、講演等で当事者発信を行われている方です。 見た目に関するイベントの実施 当学園には幅広く多様な生徒が在籍しています。そのため、生徒や教職員の多様性への気付きと理解促進や、多様な生徒にとって過ごしや

      スキ
      4
    • Monthly Report#4 King's College London合格!オンラインコーチング海外総合クラス市川さん

      Monthly Report#4 市川さんはこの3月に、世界の大学ランキング(2022)において35位(例えば京大は33位)である「King’s College London (KCL)」のFoundationプログラムに見事合格しました。( Foundationプログラム…King’s College Londonの学士課程へ進むための準備コース) エッセイのワークショップ  出願のきっかけとなったのはオンラインコーチング海外総合クラスでのエッセイワークショップ。  学

      スキ
      6

    マガジン

    マガジンをすべて見る
    • N/S高新聞

      • 78本

      学校法人 角川ドワンゴ学園(N高/S高)の「今」を発信する「 #NS高新聞 」。実行委員の生徒が作成した記事や活動の様子を発信しています。更新情報はTwitter( @nshighnewspaper )でもお伝えしています。

    • N/S高 アクティブラーニングラボ

      • 18本

      角川ドワンゴ学園では様々なアクティブ・ラーニングを実施しています。アクティブラーニングラボでは産学連携プログラムやPBL(プロジェクト学習)、能力開発、ワークショップ、専門家を招いたゲストセッション、スタッフ研修などの内容を発信しています。https://note.com/ns_learninglab/

    • The N/S English Times

      • 4本

      学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校・S高等学校、N中等部の公式英語発信noteです。 英語の企画や勉強法動画、学園の生徒さんインタビューを掲載しています。 https://note.com/ns_english/

    • N中等部の「ネッ中」note

      • 8本

      学校法人角川ドワンゴ学園の『N中等部』が、授業やイベントを通じたさまざまな学習実践、生徒の様子、ネットを活用した授業の裏側について情報発信しています。 ※N中等部は学校教育法第一条に定められた中学校ではありません。ご自身の中学校に在籍したままN中等部で学んでいただきます。https://n-jr.jp/

    • プロジェクトN

      • 29本

      「プロジェクトN」はN/S高の通学コースが取り組んでいるPBLのひとつです。各省庁やさまざまな企業の協力のもと、社会的な課題解決を行う学習です。社会で必要なスキル(思考力・コミュニケーション力・プロジェクトマネジメント・表現力・ITスキル) を身につけ解決策企画とアウトプットを制作します。https://nnn.ed.jp/project-n/

    • N予備校

      • 10本
    • オンライン授業について

      • 27本
    • オンライン通学コース

      • 1本
    • イベント関係

      • 4本
    • N/S高新聞

      • 78本

      学校法人 角川ドワンゴ学園(N高/S高)の「今」を発信する「 #NS高新聞 」。実行委員の生徒が作成した記事や活動の様子を発信しています。更新情報はTwitter( @nshighnewspaper )でもお伝えしています。

    • N/S高 アクティブラーニングラボ

      • 18本

      角川ドワンゴ学園では様々なアクティブ・ラーニングを実施しています。アクティブラーニングラボでは産学連携プログラムやPBL(プロジェクト学習)、能力開発、ワークショップ、専門家を招いたゲストセッション、スタッフ研修などの内容を発信しています。https://note.com/ns_learninglab/

    • The N/S English Times

      • 4本

      学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校・S高等学校、N中等部の公式英語発信noteです。 英語の企画や勉強法動画、学園の生徒さんインタビューを掲載しています。 https://note.com/ns_english/

    • N中等部の「ネッ中」note

      • 8本

      学校法人角川ドワンゴ学園の『N中等部』が、授業やイベントを通じたさまざまな学習実践、生徒の様子、ネットを活用した授業の裏側について情報発信しています。 ※N中等部は学校教育法第一条に定められた中学校ではありません。ご自身の中学校に在籍したままN中等部で学んでいただきます。https://n-jr.jp/

    • プロジェクトN

      • 29本

      「プロジェクトN」はN/S高の通学コースが取り組んでいるPBLのひとつです。各省庁やさまざまな企業の協力のもと、社会的な課題解決を行う学習です。社会で必要なスキル(思考力・コミュニケーション力・プロジェクトマネジメント・表現力・ITスキル) を身につけ解決策企画とアウトプットを制作します。https://nnn.ed.jp/project-n/

    • N予備校

      • 10本
    • オンライン授業について

      • 27本
    • オンライン通学コース

      • 1本
    • イベント関係

      • 4本

    記事

    記事をすべて見る
    • 腹ペコライターワークショップ N中・N/S高生が聞いて、書く「小布施町の魅力」とは?~vol.2~

      角川ドワンゴ学園では6月下旬から7月初旬にかけて「食いしん坊なあなたのための腹ペコライターワークショップ」を開催しました。長野県小布施町で美味しい食品を販売する四つの事業所さんにインタビューを実施。小布施町で地域課題の解決に取り組む小布施まちイノベーションHUBさまや、小布施町在住のライター大宮まり子さまの力も借りながら、商品や小布施町の魅力を伝える記事の執筆に挑戦しました。 こちらのnoteでは参加した生徒が執筆した記事のうち4本を、2回に分けてお届けします。今回は、オブセ

      スキ
      2
    • 腹ペコライターワークショップ N中・N/S高生が聞いて、書く「小布施町の魅力」とは?~vol.1~

      角川ドワンゴ学園では6月下旬から7月初旬にかけて「食いしん坊なあなたのための腹ペコライターワークショップ」を開催しました。長野県小布施町で美味しい食品を販売する4つの事業所にインタビューを実施。小布施町で地域課題の解決に取り組む小布施まちイノベーションHUBさまや、小布施町在住のライター大宮まり子さまの力も借りながら、商品や小布施町の魅力を伝える記事の執筆に挑戦しました。 こちらのnoteでは参加した生徒が執筆した記事のうち4本を、2回に分けてお届けします。第1回は、社会福祉

      スキ
      3
    • 我が道を突き進むN高生 ー自主性の神ー

      取材・文=かめた (N高6期・ネットコース) 今回はN/S高新聞実行委員2期生の初期研修の一環として、N高に所属するりんとさんという方にインタビューをした。 普段の生活の様子や力を入れていること、目指している進路についてなどのお話を伺った。 りんとさん N高6期3年生 ネットコースに所属。 多くの同好会に入っており、科学同好会では運営をしている。 同好会の運営として ーーりんとさんが今N高生活で力を入れていることは何でしょうか? 同好会での活動ですね。たくさんの同好

      スキ
      10
    • N中等部ネットコース Minecraftの取り組みを大解説① 〜チームビルド授業編〜

      こんにちは、N中等部「ネッ中note」です。 はじめに今回はN中等部ネットコースで実践しているMinecraft(以下:マイクラ)を使った授業やイベントを紹介します。過去にN中等部ブログにて発信した内容を再編し、2回に分けてご紹介していきます。(※1,2,3) N中等部、N/S高等学校ではコミュニケーションツールとしてSlackやZoom、クラウド型統合アプリケーションのGoogle WorkspaceやクリエイティブツールのAdobe Creative Cloudなど、

      スキ
      13
    • 【腹ペコライターWS】N/S高生が聞いて、書く「小布施町の魅力」とは?④

      寄稿=食いしん坊なあなたのための腹ペコライターワークショップ N/S高・N中等部では6月下旬から7月初旬にかけて「食いしん坊なあなたのための腹ペコライターワークショップ」を開催しました。長野県小布施町で美味しい食品を販売する四つの事業所さんにインタビューを実施。小布施町で地域課題の解決に取り組む小布施まちイノベーションHUBさまや、小布施町在住のライター大宮まり子さまの力も借りながら、商品や小布施町の魅力を伝える記事の執筆に挑戦しました。 N/S高新聞では参加した生徒が執筆

      スキ
      5
    • 【腹ペコライターWS】N/S高生が聞いて、書く「小布施町の魅力」とは?③

      寄稿=食いしん坊なあなたのための腹ペコライターワークショップ N/S高・N中等部では6月下旬から7月初旬にかけて「食いしん坊なあなたのための腹ペコライターワークショップ」を開催しました。長野県小布施町で美味しい食品を販売する四つの事業所さんにインタビューを実施。小布施町で地域課題の解決に取り組む小布施まちイノベーションHUBさまや、小布施町在住のライター大宮まり子さまの力も借りながら、商品や小布施町の魅力を伝える記事の執筆に挑戦しました。 N/S高新聞では参加した生徒が執筆

      スキ
      8
    • 【開催レポート】理想の空間を考えるワークショップ

      角川ドワンゴ学園では、「VR / メタバース空間」でどんな遊び、学びがつくれるかをテーマに、学園の生徒向けにワークショップを開催しています。 2022年3月9日に開催したのは「理想の空間を考える」ワークショップ。 Oculus Quest 2の無料アプリ「cluster」を使用して行いました。 今回のワークショップでは、clusterのワールドクラフト機能で、生徒がバーチャル空間上に理想の空間を創りました。 ワークショップの企画・運営にあたっては、株式会社MIMIGUR

      スキ
      3
    • 【腹ペコライターWS】N/S高生が聞いて、書く「小布施町の魅力」とは?②

      寄稿=食いしん坊なあなたのための腹ペコライターワークショップ N/S高・N中等部では6月下旬から7月初旬にかけて「食いしん坊なあなたのための腹ペコライターワークショップ」を開催しました。長野県小布施町で美味しい食品を販売する四つの事業所さんにインタビューを実施。小布施町で地域課題の解決に取り組む小布施まちイノベーションHUBさまや、小布施町在住のライター大宮まり子さまの力も借りながら、商品や小布施町の魅力を伝える記事の執筆に挑戦しました。 N/S高新聞では参加した生徒が執筆

      スキ
      8
    • 【腹ペコライターWS】N/S高生が聞いて、書く「小布施町の魅力」とは?①

      寄稿=食いしん坊なあなたのための腹ペコライターワークショップ N/S高・N中等部では6月下旬から7月初旬にかけて「食いしん坊なあなたのための腹ペコライターワークショップ」を開催しました。長野県小布施町で美味しい食品を販売する四つの事業所さんにインタビューを実施。小布施町で地域課題の解決に取り組む小布施まちイノベーションHUBさまや、小布施町在住のライター大宮まり子さまの力も借りながら、商品や小布施町の魅力を伝える記事の執筆に挑戦しました。 N/S高新聞では参加した生徒が執筆

      スキ
      11
    • 【公募記事】 わたしは「朝」を届けるN高生

      公募テーマ 「N中・N/S高でやってよかったこと」 わたしは「朝」を届けるN高生 文=竹内こころ(N高5期・ネットコース) はじめまして。N高等学校3年の竹内こころと申します。 今私は、「わたしたちの『朝』を届けようプロジェクト」という活動をしています。 この活動こそが、私がN高でやってよかったことです。 プロジェクトについて書く前に、今に至るまでを書かせてください。 2020年夏。 全日制高校の1年生だった私は、起立性調節障害という病気になりました。 起立性調節障害

      スキ
      33
    • 超絶最高インタビュー『きみのかんがえたさいきょうのおべんとう』

      取材・文=江畑終太郎《えばたしゅうたろう》(N高6期生・ネットコース) おはようございます。江畑終太郎です。 突然ですがみなさん...... 『おべんとう』。それは夢と希望を乗せた箱舟。たどり着く先はいわば理想郷《ユートピア》なのです。 またおべんとうは、つくり手によって姿形が大きく変わります。そこにはつくり手の人柄や性格はもちろん、深層心理までもが浮かび現れるのではないでしょうか? ということで今回は、 では、さっそくやっていきましょう。 ちなみに簡単なルール

      スキ
      21
    • 生徒数日本一の高校の“広報の仕事“

      今回は全国に20,000人以上の生徒が在籍する通信制高校「N高等学校・S高等学校」の企画部 広報戦略課の名越さんに、「生徒数日本一の高校の広報の仕事」をテーマに取材を行いました。 学校広報という仕事についてや、N/S高等学校の広報のしごとならではのエピソードについて聞くことができました。 生徒数日本一の高校で、広報の最前線に立つ名越さんに、「広報の仕事」について伺いました。 取材・文=若宮 佑真  N/S高校での、広報の仕事とは?学校広報の仕事内容 ――名越さんの仕事

      スキ
      29