学校法人角川ドワンゴ学園

学校法人角川ドワンゴ学園 は、ネットを活用したN高等学校・S高等学校・N中等部・N Code Laboを運営しています。noteの記事では、ネットの学校で行っているオンライン授業やプロジェクト学習について紹介します。

学校法人角川ドワンゴ学園

学校法人角川ドワンゴ学園 は、ネットを活用したN高等学校・S高等学校・N中等部・N Code Laboを運営しています。noteの記事では、ネットの学校で行っているオンライン授業やプロジェクト学習について紹介します。

    マガジン

    • N/S高新聞

      学校法人 角川ドワンゴ学園(N高/S高)の「今」を発信する「 #NS高新聞 」。実行委員の生徒が作成した記事や活動の様子を発信しています。更新情報はTwitter( @nshighnewspaper )でもお伝えしています。

    • N中等部の「ネッ中」note

      学校法人角川ドワンゴ学園の『N中等部』が、授業やイベントを通じたさまざまな学習実践、生徒の様子、ネットを活用した授業の裏側について情報発信しています。 ※N中等部は学校教育法第一条に定められた中学校ではありません。ご自身の中学校に在籍したままN中等部で学んでいただきます。https://n-jr.jp/

    • The N/S English Times

      学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校・S高等学校、N中等部の公式英語発信noteです。 英語の企画や勉強法動画、学園の生徒さんインタビューを掲載しています。 https://note.com/ns_english/

    • N/S高 アクティブラーニングラボ

      角川ドワンゴ学園では様々なアクティブ・ラーニングを実施しています。アクティブラーニングラボでは産学連携プログラムやPBL(プロジェクト学習)、能力開発、ワークショップ、専門家を招いたゲストセッション、スタッフ研修などの内容を発信しています。https://note.com/ns_learninglab/

    • N/S高バーチャル教育の〜と

      デジタル世代の子を持つ保護者のみなさん、現代の子どもたちが学校でデジタルツールをどのように活用しているか知っていますか? このnoteでは、ネットの高校であるN高等学校・S高等学校が提供する最新のバーチャル教育情報をお届けします。 https://note.com/ns_general_ed/

    リンク

    最近の記事

    • 固定された記事

    N高等学校の学校法人角川ドワンゴ学園、noteでオンラインの学びについての情報発信を始めます

    N高等学校を運営している学校法人角川ドワンゴ学園の公式noteをご覧頂きありがとうございます。N高等学校は2016年の開校以来、ネット、オンラインを多用した学びを行ってきました。noteでは、オンラインを使ってきた経験や蓄積したノウハウなどを公開していきたいと思います。 学校法人角川ドワンゴ学園とは学校法人角川ドワンゴ学園はN高等学校だけでなく、複数の教育の場を持っています。 ・2016年に開校したネットの高校であるN高等学校   ・2019年に開設し2020年4月からネッ

    • eスポーツ部の遊び方〜eスポーツ部運営みかんさんに聞いてみた〜

      取材・文=ゆなな(N高7期・ネットコース)   取材=青西04(N高7期・ネットコース) eスポーツ部とは、“eスポーツでつながり・競い・成長する”がコンセプトのN/S高等学校とN中等部にある部活です。(https://nnn.ed.jp/about/club/esports/ より引用) 今回は、そんなeスポーツ部の遊び方を私と一緒にゼロから学びます。 ゲームのチュートリアルだと思って楽しみながら見ていただけると幸いです。 ※これから出てくる情報は、取材時点での情報にな

    • ゆるキャンに学んだ、学園生活を楽しむコツとは?〜大人気だったNSゆるキャンを参加者と振り返る〜

      取材・文=Lyra(りら)(S高1期・ネットコース) こんにちは、ライターのりらです。 みなさんはN/S高生活、楽しんでいますか? 本記事、NSゆるキャンを参加者と振り返るシリーズでは 「あまり楽しめてないかも......でも何かに挑戦してみたい!」という方におすすめの学園コンテンツ「オフラインプログラム」の魅力をご紹介します。 今回は、NSゆるキャンというオフラインプログラムに参加し、勇気を出して様々な挑戦をした結果、学園生活を楽しめるようになったというN高一年生のふ

    • N高1期からN高6期が語る自分たちしか知らないN高って?

      文=Typographical King(S高1期・ネットコース) 皆さんは、昔のN高と今のN高を比べたことはありますか? 今回は、8月に開催された「n高1-6期が語る自分たちしか知らないn高の歴史 」のイベントレポートです。 今はないものや、今では制度が変わったものなど様々な発見がみつかるかもしれません! 今回のイベントは、zoomを使用して開催されたトークセッションになります。 zoomには、参加者が自由にチャットで発言することや、質問を投げることができます。

    マガジン

    マガジンをすべて見る すべて見る
    • N/S高新聞
      学校法人角川ドワンゴ学園
    • N中等部の「ネッ中」note
      学校法人角川ドワンゴ学園
    • The N/S English Times
      学校法人角川ドワンゴ学園
    • N/S高 アクティブラーニングラボ
      学校法人角川ドワンゴ学園
    • N/S高バーチャル教育の〜と
      学校法人角川ドワンゴ学園
    • プロジェクトN
      学校法人角川ドワンゴ学園

    記事

    記事をすべて見る すべて見る
    • 卒業したセンパイを追跡!〜学び続ける、早稲田大学2年生〜

      取材・文=つか(N高6期・オンライン通学コース) はじめにN/S高を卒業した先輩にインタビューする『卒業したセンパイを追跡!』シリーズの第2弾!(第一弾はこちら) 今回は高3のときにN高に転校し、卒業後は早稲田大学に通いながら様々なイベントでMCの経験もある、大学2年生のかれんさんにインタビューしました。 一見ふんわりとした雰囲気のあるかれんさんですが、とても芯が強くかっこいい先輩でした! かれんさん。 *早稲田大学の通信課程の2年生で、最近ではN/S高の「PBL・探

    • 若き音楽家「SASUKE」さんに聞く! N高での3年間とN高の応援歌!

      取材・文=はると(N高5期・通学コース) 写真=SASUKE さん 突然ですが、N/S高等学校の生徒の皆さん、N/S高等学校の強みといえば、何が思いつきますか? 僕は、自分のやりたいことや趣味などに打ち込める時間がたくさんあるところだと思います。 今回は、その強みを活かしてN高生活を送った一人でもある、若き音楽家、SASUKEさんに話を伺いました。幅広い活躍をしてきたSASUKEさんは、N高で、どのような3年間を過ごしてきたのでしょうか。記事後半では、同じように音楽を目指

    • 角川ドワンゴ学園のオフィスを取材してきた!

      取材・文=滝谷佳代(N高5期・通学コース) 取材・文=藤本伊織(N高5期・通学コース) 「N/S高のオフィス」をご存知だろうか。 N高の本校は沖縄県の伊計島、S高の本校は茨城県のつくばにあるが、そことは違う謎に包まれた場所である、N/S高のオフィスが、東京都の東銀座にあるという情報を入手! その謎に包まれた場所に、我々N/S高新聞が取材を敢行しました! ドワンゴ本社を覗き見N/S高のオフィスは歌舞伎座タワーの12階〜14階にあります。 歌舞伎座タワーは日比谷線東銀座駅、浅

    • 連載小説 口は幸せのもと 第2話

      文=にら  (N高7期・ネットコース) 「いらっしゃいませー」 案内されたのは一番奥のカウンター席。 席には背丈の低い調味料がお行儀よく並んでいた。 いつも目にする醤油やソースも、小さくなるだけで愛らしいと思えてしまう。 「ご注文が決まりましたらお声掛けください。」 温かい緑茶を渡された私は、ひとまずメニューを選ぶことにした。 湯呑みのサイズも小さくて可愛らしい。 そう思いながら前方に手を伸ばしたところ、そこにメニュー表はなく、隣の壁にはいくつかのメニュープレートが打

    • 総合型選抜ってどんな感じ? ―合格した先輩に聞いてみた―

      取材・文=かめた(N高6期・ネットコース) N/S高に限らず、全国の高校生を悩ませる1つの関門。 それは、進路選択である。 進路という言葉を前にすると、私と同じくその言葉の抽象さに漠然とした不安を抱く方もいるのではないだろうか。 今回は、そんな不安を少しでも前向きな方向に変えるべく、実際に総合型選抜入試で大学に合格した先輩にその体験談を伺った。 CHICHI(ちち)さん S高2期3年生・通学コース名駅キャンパス 2022年度、総合型選抜において、立命館アジア太平洋大学国際

    • N中等部英語授業紹介 〜N中等部英検®2次試験対策面談、レベル別講座とは〜

      第1回目では通学の授業で実施しているN-Englishについてご紹介しました。 今回ご紹介する内容は以下2点です。 N中等部で受講が可能な以下2つの講座をご紹介します。 1)英検®2次試験対策面談 2)レベル別講座 英検®2次試験対策面談とはこの面談ではどのようなことを行っているのでしょうか? 実用英語技能検定(以下 英検®)では、1、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級の7つの級があります。 このうち1〜3級は1次:筆記試験、2次:面接の2部構成となっています。 学園

    • フォートナイト部門強化選手のポリシー選手に聞いてみた

      取材・文=ゆなな(N高7期・ネットコース)   取材=青西04(N高7期・ネットコース) みなさんは、N/S高等学校(以下N/S高)にeスポーツ部があるのをご存じですか? eスポーツ部とは、“eスポーツでつながり・競い・成長する”がコンセプトのN/S高とN中等部にある部活です。(https://nnn.ed.jp/about/club/esports/ より引用) そんなeスポーツ部には強化選手制度(※1)があり、これまで数々のeスポーツ大会にこの強化選手達が出場しているの

    • 二杯の珈琲 【第一話 カフェラテの恋煩い】

      取材・文=𠮷川幸歩(N高7期・通学コース) 第一話 カフェラテの恋煩い 喫茶店シェアトの扉を開けると、今日も香ばしいコーヒーの香りが漂っている。 一歩店内に入ると同時に、喫茶店の外へと飛び出していく女子高生とぶつかった。 私はよろけて躓きそうになったが、テーブルに支えられ倒れずにすんだ。 とっさに横を見ると、美麗な横顔と光を灯した瞳が目をよぎる。 不意に、彼女の背中を押した。 「いってらっしゃい。」 向かいに座っている丸メガネを着けた女子高生は、私と同じ学校の

    • 作者みずとらさんに聞く! N/S高新聞マスコットキャラクター えすぬんの誕生秘話

      2022年10月、N/S高新聞実行委員会は、みんなに愛される公式マスコットキャラクターを作るべく、デザイン案を募集。 N/S高生、N中等部生の皆さんからたくさんの応募をいただきました。 その中から見事公式マスコットに選ばれたのは、この記事のサムネイルにも登場してもらった「えすぬん」! なんともいえない愛らしさに一瞬で魅了されますよね! 今回の記事では、えすぬんの生みの親であるみずとらさんにインタビュー。 とにかく可愛く描くことを目指したという制作時のこだわりなどを教えてもらい

    • 生徒会役員全員に質問ぶつけてみた【後編】

      取材・文=N/S高新聞実行委員生徒会取材メンバー 画像=学園ホームページより引用(学園アカウントのみ閲覧可能) 令和4年11月23日、N/S高にとって初めての生徒会メンバーが任命式&第一回定例会のために代々木キャンパスに集まりました。 実はこの時新聞実行委員からも数名、取材のために現地へ行っており、初代生徒会メンバー全員に個別インタビューをしてきました! この記事では計20名のインタビュー内容を前編と後編に分けて伝えていきます! 「生徒会に当選した人達ってどんな人なの

    • 生徒会役員全員に質問ぶつけてみた【前編】

      取材・文=N/S高新聞実行委員生徒会取材メンバー 画像=学園ホームページより引用(学園アカウントのみ閲覧可能) 令和4年11月23日、N/S高にとって初めての生徒会メンバーが、任命式&第一回定例会のために代々木キャンパスに集まりました。 実はこの時新聞実行委員からも数名、取材のために現地へ行っており、初代生徒会メンバー全員に個別インタビューをしてきました! この記事では計20名のインタビュー内容を前編と後編に分けて伝えていきます! 「生徒会に当選した人達ってどんな人な

    • 恋をした。2ーいってらっしゃいー

      文=ひーさん(N高6期生・通学コース) おばあさんへ 夕日が沈む時間は妙なことを思いつく。 僕らももうじき、迎えがくる頃だろうから あっちにいく前に土産話を整理しようと思ったんだ。 こんなことを言ったら怒りそうだけれど本当の気持ちを書くことにするよ。 今まで色々あったなぁ。いろんなことがあった。 高校を卒業して進路に悩む日々の中、些細なことで喧嘩になってしまうことも少なくなかったね。 でも最後は僕が「ごめんね」君が「いいよ」って言って終わるんだ。 「ごめんね」はあ