学校法人角川ドワンゴ学園

学校法人角川ドワンゴ学園 は、ネットを活用したN高等学校・S高等学校・N中等部・N Code Laboを運営しています。noteの記事では、ネットの学校で行っているオンライン授業やプロジェクト学習について紹介します。

学校法人角川ドワンゴ学園

学校法人角川ドワンゴ学園 は、ネットを活用したN高等学校・S高等学校・N中等部・N Code Laboを運営しています。noteの記事では、ネットの学校で行っているオンライン授業やプロジェクト学習について紹介します。

    マガジン

    • N/S高新聞

      学校法人 角川ドワンゴ学園(N高/S高)の「今」を発信する「 #NS高新聞 」。実行委員の生徒が作成した記事や活動の様子を発信しています。更新情報はTwitter( @nshighnewspaper )でもお伝えしています。

    • N/S高バーチャル教育の〜と

      デジタル世代の子を持つ保護者のみなさん、現代の子どもたちが学校でデジタルツールをどのように活用しているか知っていますか? このnoteでは、ネットの高校であるN高等学校・S高等学校が提供する最新のバーチャル教育情報をお届けします。 https://note.com/ns_general_ed/

    • N中等部の「ネッ中」note

      学校法人角川ドワンゴ学園の『N中等部』が、授業やイベントを通じたさまざまな学習実践、生徒の様子、ネットを活用した授業の裏側について情報発信しています。 ※N中等部は学校教育法第一条に定められた中学校ではありません。ご自身の中学校に在籍したままN中等部で学んでいただきます。https://n-jr.jp/

    • N/S高 アクティブラーニングラボ

      角川ドワンゴ学園では様々なアクティブ・ラーニングを実施しています。アクティブラーニングラボでは産学連携プログラムやPBL(プロジェクト学習)、能力開発、ワークショップ、専門家を招いたゲストセッション、スタッフ研修などの内容を発信しています。https://note.com/ns_learninglab/

    • The N/S English Times

      学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校・S高等学校、N中等部の公式英語発信noteです。 英語の企画や勉強法動画、学園の生徒さんインタビューを掲載しています。 https://note.com/ns_english/

    リンク

    最近の記事

    • 固定された記事

    N高等学校の学校法人角川ドワンゴ学園、noteでオンラインの学びについての情報発信を始めます

    N高等学校を運営している学校法人角川ドワンゴ学園の公式noteをご覧頂きありがとうございます。N高等学校は2016年の開校以来、ネット、オンラインを多用した学びを行ってきました。noteでは、オンラインを使ってきた経験や蓄積したノウハウなどを公開していきたいと思います。 学校法人角川ドワンゴ学園とは学校法人角川ドワンゴ学園はN高等学校だけでなく、複数の教育の場を持っています。 ・2016年に開校したネットの高校であるN高等学校   ・2019年に開設し2020年4月からネッ

    • 今から対策! 小論文の書き方〜②情報収集〜

      文=まどやん(N高5期・通学コース) みなさんこんにちは! N/S高新聞実行委員のまどやんです。 今回は前回の「小論文の書き方〜前編・構成〜」に引き続き、小論文の内容を左右する情報収集について解説します。 前回の構成編をまだ見ていない方は、ぜひそちらも読んでみてくださいね! 情報を制するものが小論文を制す!小論文を書くにあたって1番大事なのはズバリ情報、もしくはデータ。初期段階から情報収集に取り組めるかどうかが、小論文の完成度を大きく左右すると考えています。 今回は情報

    • 「オンフェス」ってなに? オン通生の魅力と一緒に一挙紹介します!

      取材=美田皐月(N高6期・オンライン通学コース) みなさんは「オンフェス」をご存知ですか? オンフェスとは、今年で開設2年目のオンライン通学コース(以下、オン通)の文化祭です! 1年に1回、オン通の全生徒が参加する大規模なイベントとなっており、数ヶ月前から生徒が自ら企画を立てて、当日までたくさんの準備をします。 昨年度の第1回オンフェスは、オン通に関わる生徒、職員、また保護者の方のみが参加できる、限定的なイベントでした。ですが、今年のオンフェスはなんとネットコース生や、N中

    • 今から対策! 小論文の書き方①構成

      文=まどやん(N高5期・通学コース) みなさんこんにちは! N/S高新聞実行委員のまどやんです。この記事を書いている今は10月。季節は秋です。 そして秋といえば、あの季節......。 そう、総合型選抜入試の季節です! 大学ごとに違いはありますが、ほとんどの大学は9月から総合型選抜希望者の出願が始まります。 総合型選抜の主な入試方法は面接や書類審査などさまざまですが、その中でも気になるのは小論文。小論文では論作文能力や論理的に物事を考える力が求められますが、「小論文な

    マガジン

    マガジンをすべて見る すべて見る
    • N/S高新聞
      学校法人角川ドワンゴ学園
    • N/S高バーチャル教育の〜と
      学校法人角川ドワンゴ学園
    • N中等部の「ネッ中」note
      学校法人角川ドワンゴ学園
    • N/S高 アクティブラーニングラボ
      学校法人角川ドワンゴ学園
    • The N/S English Times
      学校法人角川ドワンゴ学園
    • プロジェクトN
      学校法人角川ドワンゴ学園

    記事

    記事をすべて見る すべて見る
    • [後編]情熱は“VR eスポーツ”にささげている! S高2年生のラベルさんの場合 

      バーチャル学習を行えるN/S高 普通科生にも人気の高いVR eスポーツ「Echo VR」(エコーブイアール)。その国際リーグで活躍しているS高ネットコース所属のラベル(ハンドルネーム)さんを紹介する本記事の後編では、ラベルさんのEcho VRへの情熱や、今後の目標について詳しく紹介していきます。 ↓前編はこちら↓ 学習の合間に毎日3~4時間練習 「もともと体を動かことやチームスポーツが好きでした」と話すラベルさんは、S高に入学してVR eスポーツのEcho VRに出会い

    • VRって実際どう? VRを使いこなす生徒たちに聞いてみた

      文=まどやん(N高5期・通学コース) みなさんこんにちは! N/S高新聞のまどやんです。突然ですがみなさん、VRって使ったことありますか? VRとは、専用のゴーグルを装着し、視覚や聴覚を用いて実際には存在しない仮想空間を楽しむことができる技術です。近年とても注目されている技術なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか? しかし、まだVRに必要なVRゴーグルは我々一般人にとっては「手が届かないもの」というイメージが強いですよね。 しかし、なんとN/S高にはVRゴーグル「​

    • N中等部授業紹介 ②PBL授業でからくりマシンを作ってみた

      はじめにこの記事を読まれている方は、「PBL」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 「PBL」とは、「プロジェクト型学習」と呼ばれることもある、課題解決型授業のことを指します。N中等部通学コース・ネットコースでは、毎回の登校日に21世紀型スキル学習や、PBLの授業を行っています。 今回は実際にN中等部のPBLの授業でどのような内容を行っているのか、具体的に授業内容を紹介します。 どんな授業があるの?<Qaiketsu> Qaiketsuは、『デザイン思考』の考え方に基

    • 【プロN】N/S高のプロジェクト型学習の『良いとこ』『悪いとこ』を生徒目線で紹介

      文=なぎと(N高5期・通学コース) N高・S高の通学コース・オンライン通学コースでは沢山のカリキュラムが用意されている。 その中でも一番大きく印象的なカリキュラムがある。 それは、「好奇心を刺激するデジタル時代の課題解決型プロジェクト学習」ProjectN(以下プロN)というものである。 N高・S高の公式HPに上記のように掲載されているとおり、プロNは本格的かつ生徒が自由に企画を立案・プロデュースすることができる。 今回は、このプロNについて生徒目線から「今までのプロ

    • 【開催レポ】こども基本法ってなに?

      角川ドワンゴ学園では、さまざまなゲストを招いたトークイベントを開催しています。今回は2023年4月に施行される新しい法律「こども基本法」について、3名の女性ゲストをお招きし、お話を伺いました。実は知らない大人も多い「こども基本法」が一体どんな内容なのか、社会運動や権利というキーワードに関心のある生徒達が集まりました。 ゲストの紹介 小澤いぶき様 児童精神科医 / 精神科専門医 / 認定NPO法人PIECES 代表理事 /東京大学医学系研究科 客員研究員 / こども家庭庁

    • N/S高生の気になる日常を紹介! あなたの日記を見せてください!

      企画・構成=青西04(N/S高新聞公式ツイッターにてコラム連載中) N/S高生ってつまるところどんなふうに過ごしているの? N/S高ライフをもっと楽しむにはどうしたらいいの? そんな疑問を解決すべく、充実した毎日を送っているN/S高生に、3日間分の普段のスケジュールと日記を見せてもらっちゃいました! 入学したはいいけれど、N/S高ならではのメリットをいまいち活かしきれている気がしない......。 N/S高への入学に興味があるけれど、どんな生活を送ることになるのか想像しづら

    • N/S高生が考える未来の学校を見てみませんか?〜ワークショップ参加レポート〜

      取材・文=たみふぁ(N高7期・通学コース) 8月に行われた「メタバースの学校プロジェクト」。4回のワークショップを通して2080年の未来の学校を考えるものです。そのプロジェクトに参加した生徒の発表会が9月9日、東京都の虎ノ門で行われました。発表会の直前には、Metaと角川ドワンゴ学園が共同で発表した「Immersive Learning Academy」という次世代XR(※)クリエイター向け教育プログラムが発表されました! 発表会には、Facebook Japan 代表の

    • オンラインコーチングってどんなもの?【海外進学科編】

      取材・文=かめた(N高6期・ネットコース) あなたはオンラインコーチングというものをご存じだろうか? オンラインコーチングとは、N/S高の有料のプログラムである。 オンラインコーチングでは大学受験や海外進学、プログラミングのコーチングを受けることができるが、その実態はあまり知られていない。そこで、今回は海外進学科のオンラインコーチング生であるMoeさんに、その内容や体験談を伺った。 Moeさん N高5期3年生 海外進学を志しており、オンラインコーチングの海外進学総合クラ

    • 学園最大のプレゼン大会「NED」の主催者にインタビュー!主催者視点の挑戦者に対する思い

      取材・文=ほのか(S高2期・ネットコース) みなさん! 突然ですが、「NED」ってご存じでしょうか? 「NED」とは、N/S高生、N中等部生、N Code Labo生による角川ドワンゴ学園最大のプレゼン大会です! 今年は東京タワー内の『RED° TOKYO TOWER SKY STADIUM』で開催されるそうです。 そこで、NEDの開催に携わっている田谷さんにお話を伺い、主催者視点ならではのNEDやプレゼンに挑戦する人たちに対しての思いを教えてもらいました。 NEDについ

    • N/S高生が東京タワーでプレゼン!?NEDってなに?

      取材=ほのか(S高2期・ネットコース) 文=樺山 泰生(N高5期・通学コース) みなさんはNEDについてどれくらい知っていますか? NEDは N Code Labo・N中等部・N高等学校・S高等学校の生徒が「オリジナルのアイディアを見つけ、広げるために”表現する”場」をコンセプトとしたイベントです。 在籍生徒のプレゼンテーションだけでなく、卒業生や著名なゲストのお話も聞くことができますし、リアル会場での参加であれば交流イベントなどを通して同じ学園の生徒と交流を深めることも

    • 3年ぶりの開催!! 宿泊型職業体験レポート~イカ釣り漁業体験~【後編】

      取材・文=みゆう(N高5期・ネットコース) 写真=みゆう・スタッフの方々 3年ぶりに開催された宿泊型職業体験! 今回はその1つ、「イカ釣り漁業体験」に参加してきました! こちらは前編に引き続き、3・4日目の体験レポートになります。 「前編まだ見てないよ!」って方は是非、1・2日目の体験レポートが書かれている前編からご覧になってみてください! ↓前編はこちらから↓ イカ釣り体験~3日目~ 3日目の朝。起床時間は9時と、特別早いってわけではありませんが、2日目の夜はイカ釣

    • 【開催レポート】ライオン株式会社と挑戦!新商品企画プロジェクト

      角川ドワンゴ学園では、生徒に様々な興味関心を深めたり発見したりする機会を提供すべく、幅広い分野の専門家や有識者をお呼びして、いろいろな講演を実施しています。   2022年7月27日から8月22日にかけて開催したのは、「LIONと挑戦!新商品企画プロジェクト」。ライオン株式会社様[1] [2] [3] (以下、LION)をゲストに迎えて、1カ月のプロジェクト学習型ワークショップを実施しました。 今回のワークショップはLIONのオーラルケア研究所の皆様をお招きして、製品開発につ