見出し画像

2021年4月最新のVR技術とデバイスを活用した新しい学び「普通科プレミアム」を新設【VR校舎の学びの塔を隈研吾氏が設計】

学校法人角川ドワンゴ学園は、N高等学校とS高等学校(設置認可申請中)において、最新のVR技術とデバイスを活用した体験型の学びができる「普通科プレミアム」を2021年4月よりスタートします。

VRはOculus Quest2を使用

画像1

「普通科プレミアム」では、単位認定授業と多彩な課外授業をOculus Quest2(オキュラス クエスト 2)に合わせて再構築した、オンライン教育の独学の弱点を克服する実用的なVR学習プラットフォームを提供します。

普通科プレミアムの特長

① VR の世界は勉強に集中できる、友だちがいるから学びが続く

画像2

VRゴーグルをかぶると、どこにいても自分だけの学習空間にワープでき、集中できる勉強空間が手に入ります。また、生徒はアバターになってVR空間上の教室で授業を受けVRタイムシフト機能により他の生徒が授業を受けていたときのモーション(動き)のログも残るため、いつでも共に学ぶ仲間の存在を感じることができ、学習継続のためのモチベーションにもつながります。

② 積極的に取り組める参加・体験型学習

画像3

VRの特性を活かして、立体的な教材を動かしてみたり、分子模型を立体的に観察したり、名所や歴史遺産を360度見て回ったりといった、動きやスケール感を直感的に理解できるような体験型のVR教材を用意。

③ 授業の途中で動画授業とVR授業がいつでも切り替え可能

画像4

学習アプリ「N予備校」とのシームレスな連携により、スマホで動画授業を見ている途中でも、好きなタイミングでVRデバイスを装着するだけで、VR空間での授業に切り替えることができます。VRデバイスを外せば、VR空間で見終わったところからスマホで授業の続きを見ることができます。

④ 面接対策や友だちとの交流でコミュニケーションスキルを向上

画像5

面接シミュレーションでは、現実に近い環境で実践的なコミュニケーショントレーニングが可能です。交流スペースでは、日本全国・海外在住の生徒たちがボイスチャットでお互いを身近に感じながら、アバター制作アプリでなりたい自分に変身して、コミュニケーションを楽しむことができます。

隈研吾氏が設計、VR空間の校舎 「学びの塔」

「次世代に活躍する人材を育む、新しい学び舎」というコンセプトのもと、VR空間の校舎を建築家の隈研吾氏がデザインしました。大きな螺旋が分岐しながら、植物のように天高く伸びていくこの塔は、進化・成長を続ける若者たちの「学びのスパイラル」を表現しています。

普通科プレミアムの紹介動画はこちらです。

普通科プレミアムの詳細は公式サイトをご覧ください。https://nnn.ed.jp/learning/premium/

4
学校法人角川ドワンゴ学園 は、ネットを活用したN高等学校・S高等学校(設置認可申請中)・N中等部・N Code Laboを運営しています。noteの記事では、ネットの学校で行っているオンライン授業やプロジェクト学習について紹介します。

こちらでもピックアップされています

Virtual Life
Virtual Life
  • 16349本

バーチャルとリアルの行方

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。