学校法人角川ドワンゴ学園

学校法人角川ドワンゴ学園 は、ネットを活用したN高等学校・S高等学校・N中等部・N Code Laboを運営しています。noteの記事では、ネットの学校で行っているオンライン授業やプロジェクト学習について紹介します。

学校法人角川ドワンゴ学園

学校法人角川ドワンゴ学園 は、ネットを活用したN高等学校・S高等学校・N中等部・N Code Laboを運営しています。noteの記事では、ネットの学校で行っているオンライン授業やプロジェクト学習について紹介します。

    マガジン

    • N/S高新聞

      学校法人 角川ドワンゴ学園(N高/S高)の「今」を発信する「 #NS高新聞 」。実行委員の生徒が作成した記事や活動の様子を発信しています。更新情報はTwitter( @nshighnewspaper )でもお伝えしています。

    • N中等部の「ネッ中」note

      学校法人角川ドワンゴ学園の『N中等部』が、授業やイベントを通じたさまざまな学習実践、生徒の様子、ネットを活用した授業の裏側について情報発信しています。 ※N中等部は学校教育法第一条に定められた中学校ではありません。ご自身の中学校に在籍したままN中等部で学んでいただきます。https://n-jr.jp/

    • The N/S English Times

      学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校・S高等学校、N中等部の公式英語発信noteです。 英語の企画や勉強法動画、学園の生徒さんインタビューを掲載しています。 https://note.com/ns_english/

    • N/S高 アクティブラーニングラボ

      角川ドワンゴ学園では様々なアクティブ・ラーニングを実施しています。アクティブラーニングラボでは産学連携プログラムやPBL(プロジェクト学習)、能力開発、ワークショップ、専門家を招いたゲストセッション、スタッフ研修などの内容を発信しています。https://note.com/ns_learninglab/

    • N/S高バーチャル教育の〜と

      デジタル世代の子を持つ保護者のみなさん、現代の子どもたちが学校でデジタルツールをどのように活用しているか知っていますか? このnoteでは、ネットの高校であるN高等学校・S高等学校が提供する最新のバーチャル教育情報をお届けします。 https://note.com/ns_general_ed/

    リンク

    N/S高新聞

    学校法人 角川ドワンゴ学園(N高/S高)の「今」を発信する「 #NS高新聞 」。実行委員の生徒が作成した記事や活動の様子を発信しています。更新情報はTwitter( @nshighnewspaper )でもお伝えしています。

    すべて見る

    eスポーツ部の遊び方〜eスポーツ部運営みかんさんに聞いてみた〜

    取材・文=ゆなな(N高7期・ネットコース)   取材=青西04(N高7期・ネットコース) eスポーツ部とは、“eスポーツでつながり・競い・成長する”がコンセプトのN/S高等学校とN中等部にある部活です。(https://nnn.ed.jp/about/club/esports/ より引用) 今回は、そんなeスポーツ部の遊び方を私と一緒にゼロから学びます。 ゲームのチュートリアルだと思って楽しみながら見ていただけると幸いです。 ※これから出てくる情報は、取材時点での情報にな

    スキ
    9

    ゆるキャンに学んだ、学園生活を楽しむコツとは?〜大人気だったNSゆるキャンを参加者と振り返る〜

    取材・文=Lyra(りら)(S高1期・ネットコース) こんにちは、ライターのりらです。 みなさんはN/S高生活、楽しんでいますか? 本記事、NSゆるキャンを参加者と振り返るシリーズでは 「あまり楽しめてないかも......でも何かに挑戦してみたい!」という方におすすめの学園コンテンツ「オフラインプログラム」の魅力をご紹介します。 今回は、NSゆるキャンというオフラインプログラムに参加し、勇気を出して様々な挑戦をした結果、学園生活を楽しめるようになったというN高一年生のふ

    スキ
    11

    N高1期からN高6期が語る自分たちしか知らないN高って?

    文=Typographical King(S高1期・ネットコース) 皆さんは、昔のN高と今のN高を比べたことはありますか? 今回は、8月に開催された「n高1-6期が語る自分たちしか知らないn高の歴史 」のイベントレポートです。 今はないものや、今では制度が変わったものなど様々な発見がみつかるかもしれません! 今回のイベントは、zoomを使用して開催されたトークセッションになります。 zoomには、参加者が自由にチャットで発言することや、質問を投げることができます。

    スキ
    11

    卒業したセンパイを追跡!〜学び続ける、早稲田大学2年生〜

    取材・文=つか(N高6期・オンライン通学コース) はじめにN/S高を卒業した先輩にインタビューする『卒業したセンパイを追跡!』シリーズの第2弾!(第一弾はこちら) 今回は高3のときにN高に転校し、卒業後は早稲田大学に通いながら様々なイベントでMCの経験もある、大学2年生のかれんさんにインタビューしました。 一見ふんわりとした雰囲気のあるかれんさんですが、とても芯が強くかっこいい先輩でした! かれんさん。 *早稲田大学の通信課程の2年生で、最近ではN/S高の「PBL・探

    スキ
    9

    N中等部の「ネッ中」note

    学校法人角川ドワンゴ学園の『N中等部』が、授業やイベントを通じたさまざまな学習実践、生徒の様子、ネットを活用した授業の裏側について情報発信しています。 ※N中等部は学校教育法第一条に定められた中学校ではありません。ご自身の中学校に在籍したままN中等部で学んでいただきます。https://n-jr.jp/

    すべて見る

    N中等部英語授業紹介 〜N中等部英検®2次試験対策面談、レベル別講座とは〜

    第1回目では通学の授業で実施しているN-Englishについてご紹介しました。 今回ご紹介する内容は以下2点です。 N中等部で受講が可能な以下2つの講座をご紹介します。 1)英検®2次試験対策面談 2)レベル別講座 英検®2次試験対策面談とはこの面談ではどのようなことを行っているのでしょうか? 実用英語技能検定(以下 英検®)では、1、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級の7つの級があります。 このうち1〜3級は1次:筆記試験、2次:面接の2部構成となっています。 学園

    スキ
    8

    N中等部「N-English」紹介 〜N中等部通学コースの英語授業とは〜

    こんにちは、N中等部「ネッ中note」です。 N中等部通学コースでは「N-English」という学園独自の教材を用いた英語授業をおこなっています。今回ご紹介する内容は以下の3点です。 1)通学コースのN-English授業とは 2)「基礎英語」とは 3)「実用英語」とは ※こちらの記事で紹介する通常授業は通学コースのみで実施しています。ネットコースで受講可能な「希望制講座」については別の記事で紹介します。 通学コースのN-English授業とはN中等部通学コースでは、週

    スキ
    13

    N中等部ネットコース生の「リアルな」1日

    こんにちは、N中等部「ネッ中note」です。 はじめに 今回は、N中等部ネットコースに通う生徒の、「リアルな」1日を紹介します。 N中等部生の1日は、N中等部ホームページにてすでに掲載されているものもございますが、より詳しい内容をご紹介していきます。 ※N中等部ネットコースには、昼クラスと夕方クラスがありますが、この記事は昼クラスの「リアルな」1日のご紹介です。 ~11:00 授業開始前 ネットコース生の1日は、自宅での学習準備から始まります。ある生徒に過ごし方を尋ね

    スキ
    10

    N中等部授業紹介 ②PBL授業でからくりマシンを作ってみた

    はじめにこの記事を読まれている方は、「PBL」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? PBL(=Problem / Project Based Learning)の授業では、社会にある答えのない問題の発見や課題の解決に取り組みます。N中等部通学コース・ネットコースでは、毎回の登校日に21世紀型スキル学習や、PBLの授業を行っています。 今回は実際にN中等部のPBLの授業でどのような内容を行っているのか、具体的に授業内容を紹介します。 どんな授業があるの?<Qaiketsu

    スキ
    8

    The N/S English Times

    学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校・S高等学校、N中等部の公式英語発信noteです。 英語の企画や勉強法動画、学園の生徒さんインタビューを掲載しています。 https://note.com/ns_english/

    すべて見る

    Monthly Report#5 英語講座レベルUP!高校通学コース田宮さん

    Monthly Report#5 今回ご紹介するのは、通学コース(※1)の田宮さんです。 幼いころ海外で過ごした経験から、英語に強い関心を持っていた田宮さんは、2022年4月に入学しました。 ※1 N/S高の生徒は、目標やライフスタイルに合わせて「ネットコース」「通学コース」「オンライン通学コース」「通学プログラミングコース」の4つのコースから選択できます。 通学コースでは、生徒一人ひとりのレベルに合わせた授業を選択することができます。 最もレベルの高い英語討論コースでは

    スキ
    10

    English Journey#N高 #S高 #N中 #世界に発信!推しへの想い!

    英語でも伝えたい推しへの熱い想い ポップシンガー、アニメのキャラクター、ユーチューバーまでN/S高、N中生の多くが心に持つ「推し」。そんな「推し」に対する強い想いを英語学習のモチベーションにして発音をマスターしよう、、、というかそのまま世界に発信しようという、大胆かつ緻密なEnglish Journey企画について今回はご紹介します。 発音するモチベーション 学園では、定期的にEnglish Journeyという企画名のもと、さまざまなレベルの生徒さん達が楽しみながら学べる

    スキ
    47

    Monthly Report#4 King's College London合格!オンラインコーチング海外総合クラス市川さん

    Monthly Report#4 市川さんはこの3月に、世界の大学ランキング(2022)において35位(例えば京大は33位)である「King’s College London (KCL)」のFoundationプログラムに見事合格しました。( Foundationプログラム…King’s College Londonの学士課程へ進むための準備コース) エッセイのワークショップ  出願のきっかけとなったのはオンラインコーチング海外総合クラスでのエッセイワークショップ。  学

    スキ
    27

    Monthly Report#3早稲田文化構想学部JCulP合格!高校通学コース井村さん

    Monthly Report#3  Monthly Reportでは、学園の「人」に焦点を当てた記事を毎月お届けします。#3ではN/S高等学校通学コースの井村さんをご紹介します。2022年度早稲田大学文化構想学部JCulPに合格なさった生徒さんです。 英語討論講座~英語力維持以上の価値~  井村さんは高校通学コースで英語討論講座(英語母国語レベルの生徒を対象にした選択制の講座です。)を選択していた生徒さんです。今回は講師の湯野川さんと三者でのインタビューの機会をいただき

    スキ
    26

    N/S高 アクティブラーニングラボ

    角川ドワンゴ学園では様々なアクティブ・ラーニングを実施しています。アクティブラーニングラボでは産学連携プログラムやPBL(プロジェクト学習)、能力開発、ワークショップ、専門家を招いたゲストセッション、スタッフ研修などの内容を発信しています。https://note.com/ns_learninglab/

    すべて見る

    【開催レポート】知らないと損する?!法律を"味方"にする方法とは?

    角川ドワンゴ学園では、「バーチャル世界でどのような遊び・学びがつくれるのか」をテーマにプログラムを開催しています。 2022年10月18日に開催したのは、バーチャル世界で活動する魅力や各専門分野について学んで考えるトークイベントシリーズ(全5回)の第一弾。 弁護士VTuberの”ながのりょう”様、法律系VTuberの”じゃこにゃー”様をゲストに迎えて、お話を伺いました。 ゲストの紹介 じゃこにゃー様 三度の飯よりも法律が好きな法務博士(専門職)日弁連憲法動画コンテストの

    スキ
    1

    【ワークショップ開催レポ】LUSH 渋谷駅前店さまといっしょにゴミ問題を考えてみました!

    はじめに この記事は、10/25、10/27、10/28に開催されたプログラム「LUSHと考えるはじめてのゴミ問題」の様子をレポートしたものです。 角川ドワンゴ学園では生徒が貴重な中高生時代に様々なことを体験できるように、職業体験やパソコンを使ったワークショップなど、幅広いテーマと方法で生徒向けのプログラムを行っています。 今回行ったプログラム「LUSHと考えるはじめてのゴミ問題」は、LUSH 渋谷駅前店さまとの共同開催という形で行われました。 【過去共同開催したプロ

    スキ
    3

    【開催レポ】途上国から世界へ!マムンさんがバッグで描く未来とは?

    はじめに 今回の記事は9月下旬にN/S高内で行われたトークセッション「途上国から世界へ!マムンさんがバッグで描く未来とは?」の開催レポートです。 マザーハウスとは、「途上国から世界に通用するブランドをつくる」ことをミッションに、現在6か国でものづくりを行うファッションブランドです。現地の素材や技術を活かした手仕事によるものづくりに拘り、途上国の可能性を伝えています。 当日は、マザーハウスさまの商品開発部門の工藤様・谷様の2名、それからバングラデシュの工場長のマムン様とオ

    スキ
    1

    地方創生×教育プログラムの魅力って?~ネットの学校×小布施町との連携~

    角川ドワンゴ学園では生徒の興味関心を発見・発展させるための機会を提供すべく、地方自治体や企業と連携し様々な職業体験を実施しています。 2022年8月24日から8月26日に2年半ぶりとなるオフラインでの職業体験を長野県小布施町(おぶせまち)で実施しました。 コロナ以前から職業体験の連携先である、一般社団法人小布施まちイノベーションHUBさま(以下、OIHさま)の遠山様に、角川ドワンゴ学園職業体験の受け入れについてお話を伺いました。 学園と地方自治体との連携とは 角川ドワンゴ

    スキ
    10

    N/S高バーチャル教育の〜と

    デジタル世代の子を持つ保護者のみなさん、現代の子どもたちが学校でデジタルツールをどのように活用しているか知っていますか? このnoteでは、ネットの高校であるN高等学校・S高等学校が提供する最新のバーチャル教育情報をお届けします。 https://note.com/ns_general_ed/

    すべて見る

    N/S高生向けにバーチャル空間の利用ポリシーを用意

    N/S高の普通科生はMeta Quest 2というVR機器を利用してバーチャル空間上で学習や交流が行えます。しかし、バーチャル空間という環境自体はまだまだ新しく、交流の基本となるコミュニケーションなどの仕方については適切に指導をしていく必要があります。そこで今回はN/S高が生徒向けに用意しているバーチャル空間の利用ポリシーについて紹介します。 バーチャル空間での行動指針 バーチャルは「仮想」という日本語で訳されることからも、現実とは大きく異なったイメージを持っている方が少

    スキ
    5

    [後編]情熱は“VR eスポーツ”にささげている! S高2年生のラベルさんの場合 

    バーチャル学習を行えるN/S高 普通科生にも人気の高いVR eスポーツ「Echo VR」(エコーブイアール)。その国際リーグで活躍しているS高ネットコース所属のラベル(ハンドルネーム)さんを紹介する本記事の後編では、ラベルさんのEcho VRへの情熱や、今後の目標について詳しく紹介していきます。 ↓前編はこちら↓ 学習の合間に毎日3~4時間練習 「もともと体を動かことやチームスポーツが好きでした」と話すラベルさんは、S高に入学してVR eスポーツのEcho VRに出会い

    スキ
    7

    [前編]情熱は“VR eスポーツ”にささげている! S高2年生のラベルさんの場合 

    バーチャル学習を行えるN/S高 普通科生にも人気の高いVR eスポーツ「Echo VR」(エコーブイアール)。その国際リーグでプレイしているのが、S高のネットコースに所属するラベル(ハンドルネーム)さんです。S高への入学とともにEcho VRに出会い、これまでひたむきに情熱をささげてきたラベルさんの、学園生活とEcho VRでの活躍を紹介します。 S高への入学でEcho VRと出会う Echo VRは、VR機器のMeta Quest 2(メタクエスト2)を装着してプレイで

    スキ
    14

    生徒も企画に参加した「バーチャル体育祭」

    10月10日の「スポーツの日」に、N/S高の普通科の生徒を対象にした「バーチャル体育祭」が開催されました。バーチャル体育祭とは、バーチャル空間上で実施される体育祭です。生徒はVR機器の「Meta Quest 2(メタクエスト2)」を使って参加します。当日の10時から15時過ぎまで、白熱した競技が繰り広げられたバーチャル体育祭は、生徒が企画にも携わって実現させたビッグイベントになりました。今回は、そのバーチャル体育祭の様子をお伝えします。 生徒も交えて開催競技を企画 バーチ

    スキ
    17